水から地球の環境を考える。
~WATER×ECO~

水と遊べる未来のために

地球上の総淡水量をご存知でしょうか。
その割合は、地球全体の水量のわずか0.8%。
私たちが生活に使える水はたった一滴といってもいいでしょう。
しかし、今日も多くの現場で無駄な水が垂れ流されています。
アクアリンクのワンストップ節水システムは、大規模で高コストな業務用機器を導入することなく、
30%以上のコストカットを実現。
さらに、衛生指導や詳細な報告書「節水カルテ」を作成し、現場の意識改革を促します。
これから先も、子どもたちが元気に水で遊び、魚を探し、まぶしい笑顔を見せてくれるように。
貴社の節水と未来の水環境をサポートします。

限りある地球の水資源

地球上に地下水や河川・湖沼の水として淡水が存在する量は、地球上に存在する水のわずか0.8%にしか過ぎません。
私たち人間の活動はこの水資源の循環に大きな影響を与えてきました。
限りあるこの水資源を守るために、私たちは何をすべきでしょうか…。

限りある地球の水資源

環境省「ウォーター・プロジェクト」

環境省「ウォーター・プロジェクト」

環境省では、「水循環基本法」の公布(平成26年4月)を受けて水環境の保全や水の大切さについて、
改めて国民の皆様に知って頂き、一人一人が出来ることを考えて頂きたいと、
官民連携による「ウォータープロジェクト」を発足しました。

ウォーター・プロジェクト 3つのアクション

「みんなの水」について【知ろう!】
水の循環の仕組みや、それに関わる様々な活動について、知ってみよう。

「みんなの水」について【考えよう!】
1年後、10年後、100年後の水について、何が必要か、何が出来るか、考えてみよう。

少し意識を変えて大切に【使おう!】
知って、考えて、自分の水との関わり方を昨日より少しだけ変えてみましょう。

アクアリンクは「ウォーター・プロジェクト」の参加団体です。

Fun to share

Fun to share

「Fun to Share」とは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、
低炭素社会をつくっていこうよ!という合言葉。
目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、
低炭素社会を作ろうという発想です。
アクアリンクはFun to shareに賛同し、「水」と「こども」をキーワードに
低炭素社会を作る活動をつづけます。

世界の医療団

世界の医療団

「世界の医療団」は1980年にパリで発足した、世界各地に医療・保健衛生分野の専門スタッフ中心に派遣し、人道医療支援に取り組む国際NGOです。
国籍、人種、民族、思想、宗教などのあらゆる壁を越えて、
世界で最も弱い立場にある人々に支援の手をさしのべることが、「世界の医療団」の活動です。
アクアリンクの売上げの一部は、世界の医療団の支援活動に使われます。